テクノロジー犯罪(個別衆人環視・遠隔五感通信・生体電気介入・ブレインジャック)を弾劾究明する広報ブログ。是非リンク先ブログも訪問して下さい!これは他山の石では無く現実です。 電磁波テロ組織撲滅まで書き続けます

  サイバーテロとの応戦のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> テロリポート:生活圏干渉 > 沈黙は決して金ではない!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈黙は決して金ではない!

2009 - 07/13 [Mon] - 08:52

すでに「見えない敵との戦い」耳印さん・「バッカス&ミューズ」内山さんのブログでも紹介されていましたが、7月7日付記事前文を掲載したいと思います。中日新聞は発行部数340万部 東海圏をほぼ独占している新聞です。東海圏なかんずく全国被害者にとっても感化する内容です。
記事にも触れられている通り、研究グループが2005年頃より立ち上がって先般犯罪について察知していてダンマリを決め込んでいる現状なのかと疑いたくもなる内容だ。機械も人間も完璧ではない。人間は判断を誤るという発想から捉えていかねば議論の発展もない。機械だってその人間のプログラミング通りに動く産物に過ぎない。だから科学機械は人間性から出る副産物に過ぎない。良識者・有識者である皆様これは、憂慮事項ではないのです。すでに社会に暗躍されている緊急事態なのです!そして被害者である私も打って出るチャンスと捉えていきたい!

○生命倫理会議
http://seimeirinrikaigi.blogspot.com/

心が読み取られる(注目集める脳神経倫理学)
サブタイトル<怖い技術の悪用 新たな倫理が必要に 脅かされる内心の自由>

人間の脳についての研究が近年、飛躍的に進み、他人には決して知られないと思われてきた心を読み取る技術まで登場してきた。新たな研究成果は、心の病気の治療などへの応用が期待される一方で、人間の自由意志を操作する危険性も併せ持つ。研究成果の乱用を懸念する声の高まりを受け、脳科学の倫理面を研究する新しい学問「脳神経倫理学」が注目を浴びている。(三沢典丈)

ことし三月末、東京・青山のホンダホールで開かれた「脳でロボットを制御する新技術」の説明会。会場では、電極がついたヘルメットをかぶった男性が大型冷蔵庫ほどの機械の前に座っている。この男性が「右手に動かす」動作を思い浮かべるだけで、離れた場所のロボットが実際に右手を動かす仕組みだ。ホンダが国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、島津製作所と共同研究した画期的な新技術である。この日、デモはなかったが、想念だけで「右手」のほかに「左手」「足」「舌」の四動作をさせることができる。今回の実験では三人の被験者が二?三ヶ月間、データを蓄積した結果、90%以上の割合で想念通りにロボットを動かすことができたという。脳波計と、脳の血流を計測する近赤外光脳計測装置を併用して解析する世界初の手法で得られたこの高い精度を、ATR脳情報研究所の川人光男所長は「世界最高水準です」と胸を張る。
ホンダの担当者は「両手が荷物でふさがっている時に、考えただけで車のトランクを開けることができる」と夢を語る。だが、この技術は悪用もできるのではないか。川人所長は「こうした技術は当然、規制やルールに従って使うべきで、軍事利用などはすべきではない。脳の研究成果の利用は常に倫理面の検討が求められているのです」と話す。
こうした機運を受け、脳科学の研究開発や利用法の倫理面を考えようと始まったのが「脳神経倫理学」だ。欧米では二〇〇二年ごろから、日本では〇五年ごろから、関係する学会で活発に議論されるようになってきた。
その研究グループの一つが東京大の廣野喜幸准教授が代表の科研費プロジェクト「脳神経倫理学の理論的基礎の確立」だ。哲学、倫理学、生命倫理学、法学などからの領域から研究者が集い、この新分野の特質を明らかにし、脳科学の成果が社会にもたらす影響の制御可能性について検討を進めている。中部からも南山大、名古屋大、中京大から研究者が参加している。
メンバーの一人、東京大の石原孝二准教授は「今は脳科学の知識があまりにも安易に流布されている」と指摘。「心の中で何を考えても容易には他人には知られないという”内心の自由”は、これまでの人間観を支えてきた重要な前提でした。でも、それが揺らいでいるのが現状なのです」
冒頭の新技術も、内心で考えたことが自分の意志と無関係に他人に知られてしまう可能性を示している。今後、手軽に他人の心を解読できる装置が開発された時、その装置を使わないのが倫理的なのか、使う前提で新たな倫理観を組み立てるべきなのか_ 学者間でも意見が分かれているという。
「脳科学の成果は、人間観そのものを変えるほどのインパクトを持つことをしってほしい」と石原准教授は倫理面の整備の必要性を訴える。
そして、最新の脳科学の知見に一般人が直面しそうなのが、国民参加が始った司法の場だ。

被告の責任能力の有無を判断する精神鑑定では、とりわけ脳科学の活用が期待されている。だが、同プロジェクトに参加する中京大法科大学院の稲葉一人教授は「現在は医師が判断するため、柔軟な対応が可能になっている。しかし、今後は脳活動を計測し、数値で判定する装置が開発されるかもしれない。いかにも科学的に見えるその結果を裁判員が否定できるでしょうか」と懸念する。一九九〇年に起きた足利事件では、DNA鑑定という”最新”の科学的証拠が、無実の男性を有罪にした。
これを防ぐため、科学的証拠の利用ルールが、九三年のドーバート判決の際に示されている。それは?理論が検証可能で検証されている?他の専門家の評価の対象になっている?理論の誤差率が明らかになっている?理論が専門分野で受け入れられている_の四か条。「これを満たさない証拠を陪審員が見ないよう、裁判官は裁判をコントロールすることが求められています」
日本の刑事裁判では、証拠の評価は、裁判官の裁量にまかされており、これをゆがめかねない前述のルールはまったく議論されていないという。稲葉教授は「裁判員制度は、判決の責任の一端を国民に負わせるという側面もある。この制度が始まった今、国民の側から声を上げて議論を始めるべきではないでしょうか」と話している。

*文注(科研費)=文部科学省 科学研究費

○睡眠障害と悪循環
http://www.chunichi.co.jp/article/living/health/CK2009070302000062.htmlつくづく思うのだけど脳の視床下部と脳前頭葉はキーポイントなのだろうか。脳の内部にある所なので実際は電磁波武器で振動を加えダメージを与えていると思うけど人の体温調整・記憶・感情の統合をしている箇所なので人間として重要な砦となる。まさに認知症もこの損壊から起因していることは明白だから。

「加害者への公開質問状」菊池さんもブログで触れられていますが、頭の中でのつぶやき=自分の声 という指摘は確かに大影響があると思います。書籍「ミラーニューロン」でも紹介されていますが、加害の声をそのまま無意識で自分の声と認知してしまった場合。そして自分の意識として共感してしまった場合。疑うことなく加害音声を記憶に入れ「ミラー」要するに、もう一つに違う人格を持った自分を無意識に作り出すことにならないのか。という疑念です。
経験から 加害の言葉=事実なりという論拠からは、何一つ正しい発想が生まれてきません。
あくまでも加害事実を淡々とあげ、あらゆる広報の可能性を広げて行くようにしています。

○サイバーテロ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090710-00001324-yom-int
 ニヤニヤ気色悪い不敵な顔が覗かせる記事である。ゴミテロのこの理不尽極まる非人道的行為を一刻も早く社会に浸透させていきたい。最近の防犯システムでは入場者などの行動分析などを解析し犯罪を未然に防ぐものが出回っていくらしい。諸刃の剣だけど電磁犯罪に身を染める輩を、何とか視覚化し断罪する技術が高まってほしいと願う。
夏が近づくと体温を奪われるが、飽くまでゴミテロ撲滅に照準を合わせ猛烈に行動していきたい!


地球上で日本全国で560名以上の被害者がテクノロジー犯罪によって人権を侵害されこの瞬間にも被害が増加している緊急事態です!テロに等しい犯罪行使なのです。この見えないテクノロジー犯罪を広く知らせ未だ犯罪を知らず毎日虐待され続ける被害者を一刻も早く救済する為にもランキングひと押しのご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。
                  ↓                             
                    ブログランキング・にほんブログ村へbanner_21.gif

関連記事

不思議な事件

千葉県警柏署は15日、殺人未遂の現行犯で同県松戸市の運送会社社員の男(37)を逮捕しました。
不思議な事に、この男性は調べに対して「電波が飛んできて殺せと言った」などと供述しているとの事です。

「電波が飛んできた!」 社員が社長の首絞める

http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/chiba/090716/chb0907161014004-n1.htm

この男性の行った行為は悪い事ですが、この犯罪の背後に
音声送信・マインドコントロール犯罪の邪悪な影を感じるのは、私だけでしょうか?

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://neverearth.blog8.fc2.com/tb.php/97-bff98609

 | HOME | 

犯罪広報エリア

星が見える名言集100

最新記事

最新コメント

検索フォーム

World-Word-翻訳

ご訪問有難うございます!

つながるスクラムの輪!


ジオターゲティング

撲滅スローガン

RSS link

メールフォーム

プロフィール

モンテ

Author:モンテ
人類の新たな揺籃は何を始めようとしているのか。一人の生命の重さとは。築き上げた文化とは。テクノロジー被害者はその先駆けとして日々格闘している。生命の尊厳を踏みにじる暴挙を傍観などしていられない!私達はハードパワーの玩具でも奴隷でもない。世界に一つとないかけがえのない偉大な生命なのだから。

被害実態リンク集

カテゴリ

月別アーカイブ

●ブログ投票●

知恵のオアシス

ブックマーク

QRコード

QRコード

▼Twitter▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。