テクノロジー犯罪(個別衆人環視・遠隔五感通信・生体電気介入・ブレインジャック)を弾劾究明する広報ブログ。是非リンク先ブログも訪問して下さい!これは他山の石では無く現実です。 電磁波テロ組織撲滅まで書き続けます

  サイバーテロとの応戦のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> テロカウンター対策 > 会って話すと伝わることがある  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会って話すと伝わることがある

2009 - 03/26 [Thu] - 14:30

 電磁波テロは相変わらず下心・野心丸出しの攻撃を続けている。相手と約束して言ったはずの日時が妙に伝わらず「言っただ言わない。」のトラブルは日常茶飯事である。全身の異常な痒みとノイズ音を聴かせるのはほぼ常時となっている。寝る寸前になると平手打ちされてる様な攻撃かこめかみを締め付けられる様な感覚刺激で起こされることもしばしばである。加害ゴミに何言われようが「そんなの関係ねぇ!」「誰であって誰でもない」まずは「被害者は一つも微塵も悪いことはない!」という決定的な事実。そして今ある実績である。そこから全てを考えていけば良いと考えている。私自身 確かに人を傷つけ自分本位になった事もあったが、しかし加害側は殺意もって殺害をしてくる張本人である。どちらが悪なのか? 卑猥な攻撃に屈しそうな時もあるが果たして死罪に値する人物はどちらなのか?絶対に悪に屈してはならない!悪に妥協はない!
あと良く起こる被害にめまい・立ちくらみがある。少しでも参考になればと掲載してみました。

○めまいめまいめまい
http://park16.wakwak.com/~sunohara/memai/memai.html
中でも脳血管性障害によるめまいと、三半規管などによるめまいがあるそうである。脳を痛めつけるゴミテロ風情に改めて怒りが爆発しそうだ。
昨夜「バッカス&ミューズ」内山さんと、多忙なスケジュールの中で久々の電話に拘わらず30分ほど話し合うことが出来た。私は誰よりも最前線に立ち広報を続けられる勇者は内山さんそして耳印さんの他に追随を知らない。いつも自然な感覚をお持ちでそれでいて本心を掴む説得力を兼ね備えた人であると思う。こういう一流のエネルギーから何か得たいという気持ちで電話して改めて感動したと同時に教えて頂いたことがある。
「会って話すと描いていたイメージと異なり伝わる事がある。」(趣意)敵を知り己を知れば百戦危うからずという言葉があるが、やはり頭で導き出す答えと実際に会う答えは対照的なほど違いがあるのか。理論と実践の違いなのだろうか。コミュニケーション学でも相手に伝わるのは「話の内容20% 相手の声・表情80%」だそうである。相手の記憶に残るのは内容よりも声や振る舞いがほとんどだというデータ。いかに実際に会って話すことが重要だという示唆だと思う。そして内山さんは物怖じしない方である。一流に学ぶ事は大いにある。
「あくまでも事実のみを訴え普段着で相手と対等に話す。」(趣意)
対話の重要性はとても理解できた。そしてもう一歩踏み込んで何度も何度も執拗に事実のみを伝えていく事も必要だと思う。内山さんが常々言われるキーワードは「人間対人間」。階級職だろうが派閥であろうが相手の心を開かせなければ想いがストレートに伝わらないという事なのだと思う。それはきっと着せ替えの様に相手に合わしているのでは無く普段の生活から「ナチュラルな自分」「あるべき自分」をお持ちで意識しないでも出てくる「人間らしさ」ではないかと。対話はまず相手を尊重することからとあるが、実にどのような人にでも誠実そのものの方であるという印象である。
 
確実にこの瞬間にも被害実績は重なり、非被害者である相手からお願いされる日も近いと思う。
昔、ストーカーが世論を賑わしていた時ある署に行くと「そういった事ならここへ連絡してください。」とある盗聴業者を紹介される場面があった。何時の日か「テクノロジー犯罪はNPOテク犯へ!」「署において信頼おけるベストパートナーです!」という通達が各署に回覧される日も遠くない。そう確信している。
ゲーム産業・IBM・SONY・商社・JRと渡り歩いた経験(加害の姑息な攻撃により辞職)から、企業・官公庁はそれなりのメンツを持っているという事に尽きると思う。警視庁と警察庁も例外ではない。所轄のトップである都道府県知事を始めこのテク犯ムーブメントを誰も止め避ける事は不可避なのである。逆にインタビューされる日が来るのかもしれない。あとどうしても伝えたい人に「河野義行」さんがいらっしゃいます。あの忌まわしき松本サリン事件で警察・マスメディアまでもが集中放送を仕掛け報道被害にあい犯人扱いされた稀有な方です。書籍を刊行していますが、昨今では悔いるオウム幹部と話し友達になったと公言する懐のまた寛容な方です。いつの日かこれぐらい影響力のある論陣はれる組織にテク犯がなれることも希望として持ち続けています。
○警察のしくみ

http://www.npa.go.jp/koho1/sikumi.htm
「バンキシャ報道」もネット依存の情報収集が裏目に作用し内部告発をネットで募集するなどどいう記事が躍った。ネットは単なるツールでしかないと思う今日この頃。しかし怠慢な態度で被害者の領地を侵食する勢力には声を上げていかねばならない!

そしてたまたま今朝モンテで検索していたら興味深い企業を見つけたのでご紹介したい。

○?モンテシステム
http://www.monte.co.jp/index.html
いわゆる医療機器なかでも計測機器を扱う企業である。この中の取り扱い商品とリンク先を拝見してまた勉強になったので掲載してみました。
EMG(筋電図)脳誘発電位 聴性誘発電位(AEP)体性感覚誘発電位(SEP)視覚誘発電位(VEP)ERP(事象関連電位)などどかなり難解な専門用語が並びますが、これ全て生体信号を計測するのに必要な用語なのです。この生理学・生理心理学では脳や視覚(サッケード=急速眼球運動)の生体反応と人間の心理とを比較解析し実験しているという事である。ネット上でこれだけの知識ならより上層の研究機関ではとあらぬ妄想をしてしまった。またこれを応用し犯罪抑止対策にする研究もあるようだ。しかし心を覗かれるとはとても警戒する内容ではないか。
○ERP入門

http://www2.oninet.ne.jp/ts0905/erp/erpsemi.htm
○筋電図入門

http://www2.oninet.ne.jp/ts0905/emg/emgsemi.htm
○眼球停留関連電位分析システム

http://www.melontechnos.co.jp/img/EFRP/EFRP.pdf
○日本生理学会
http://physiology.jp/

また(社)電子情報通信学会より「音がもつ心理的特徴と生体信号の関連性」と題する書籍が発刊されている。そこには「種々の音の聴取がヒトの感性に影響を及ぼすことが知られているが、不快な音を聴取した際は脳波β波成分が増大した.一方, 快い音や澄んだ音を聴取した際は脳波α波成分およびθ波成分が増大し, 脈波から得られた副交感神経成分が増大した。」とある。まさに常に聴かされるノイズ音脅しの声はこういう類の誘導ではないかと勘ぐってしまう。
まだまだ研究論文を紐解くといろいろなメッセージを読み解く事があるかも知れない。
○研究開発支援総合ディレクトリ

http://read.jst.go.jp/
被害者の願いは唯一つ、おちぶれ居場所が無くなる加害ゴミどもの慌てふためいた姿と消えてゆく日を見届けるまで断固広報と抗戦を続けていくだけだ!そしてこれは確実な勝利なのだ。




右下バナーをクリックされテクノロジー犯罪被害者の救済とテロ撲滅に心からの応援ご協力を何卒お願い致します!!                              
                                ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

はじめまして。

インフルエンザも怖いけど、サイバーテロも怖いですねー。

Re: はじめまして。

コメントありがとうございます。この電磁波テロは一度 感染すると回避不可という理不尽なまでの展開がされます。是非リンク先にもご訪問頂ければ私も望外の幸せと思います。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://neverearth.blog8.fc2.com/tb.php/85-80191c0c

 | HOME | 

犯罪広報エリア

星が見える名言集100

最新記事

最新コメント

検索フォーム

World-Word-翻訳

ご訪問有難うございます!

つながるスクラムの輪!


ジオターゲティング

撲滅スローガン

RSS link

メールフォーム

プロフィール

モンテ

Author:モンテ
人類の新たな揺籃は何を始めようとしているのか。一人の生命の重さとは。築き上げた文化とは。テクノロジー被害者はその先駆けとして日々格闘している。生命の尊厳を踏みにじる暴挙を傍観などしていられない!私達はハードパワーの玩具でも奴隷でもない。世界に一つとないかけがえのない偉大な生命なのだから。

被害実態リンク集

カテゴリ

月別アーカイブ

●ブログ投票●

知恵のオアシス

ブックマーク

QRコード

QRコード

▼Twitter▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。