テクノロジー犯罪(個別衆人環視・遠隔五感通信・生体電気介入・ブレインジャック)を弾劾究明する広報ブログ。是非リンク先ブログも訪問して下さい!これは他山の石では無く現実です。 電磁波テロ組織撲滅まで書き続けます

  サイバーテロとの応戦のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 偽装手口・幻影に惑うな! > 歴史は何を物語るのか  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史は何を物語るのか

2009 - 03/14 [Sat] - 15:50

私は大の漫画好きで特に歴史ものを読んだりしている。理想の指導者 上杉鷹山。そして忠孝高き直江兼続と歴史の人間模様そして人の進むべき道を教えてくれる歴史にはいつも心を惹かれる。
ヤングジャンプコミックスに掲載中の「軒猿」におもしろい人物が描かれている。
戦国大名が独自の忍者集団を抱えていたことはよく言われる話ですが本作のタイトル「軒猿」が、長尾景虎(上杉謙信)の下で活躍した史実をもとに創作され長尾景虎に憧れ常人の域を遙かに超えた鋭敏な聴覚「耳疾し(みみとし)」を持つ主人公・旭のストーリである。この耳疾しとは千里ほど遠くの音でも聞き分けられる驚異的な聴覚を持つ者のことです。実在したかは定かではないですが、私の加害攻撃の中で思い出させるものがありました。被害者がある日突然「サイコキネシス使い」にならされるような被害の事です。まだ加害被害と気づいていない頃の話です。
当時1993年でした。仕事で仲良くなった友達がいまして私が「よく最近 人の心の声がわかるようなきがするんだよね」と言ったところ「オレもそうじゃないのかと疑問だった。」と言うのです。と言う自分もかなり人に対して過敏症というか人の顔をまざまざと見たり、「言ってることと心の中は違うのだな」とかと懐疑的に人物観察しているフシがありました。そして友達が「今から考えるから何思ったか答えてよ。」と言うので、刹那な時間の中で考えて私が思った答えをいうと「その通り。平伏するな」と言うのです。それも続けて三回くらいしたと思います。今思えば私と友同時に音声送信され操作された事が明々白々ですが、しばらく考えて、友達がもし被害者と自覚していたとして、私が同じようなことをすればオレは加害側の人間だと疑われなかったかと振り返ることが出来たのです。しかも見えないリモート操作なのでお互いに意識的ではありません。(被害と気づいた今は当然そのような能力は無いです。また有ると思うことが加害エスカレートを引導しますから)でも今でもきっと加害側は同じような手口で侵食していると思います。
ただ私はその中でも「被害者として気づかされた組」なのですから。

次に男女の脳の違いについて勉強してみました。人間の脳の特徴は「後から入ってくる新しい情報にすぐ反応する。」とあります。これは加害が使う「フィードバック聴覚攻撃」がそれだと思います。被害者が一生懸命何かを覚えようとする時、時間差であとから追っかけて情報を更新介入してくる為、新しい情報の記憶を妨げる効果があると思います。不明瞭な記憶のままだと余計に被害感が煽られます。
○男性の脳
特徴:「統一・一貫性」で物事を順序立てて理解し思考する。
視覚:遠くのものがよく見える構造。
聴覚:音がどこから聞こえているのか方向性を掴むことに長ける。
(狩猟など外敵から身内を守る為に進化したという説)
○女性の脳
特徴:集約せず知識を豊富に持ちしゃべることで整理している。
視覚:網膜に映った映像の位置などの分析解析や色彩感覚が優れ近くのものがよく見える。
聴覚:高音が良く聞こえ音の持つ内容をすばやく理解できる。
(赤ちゃんなど子供を守る為に進化したという説)
私は男だが、確かにストーカーの場合遠くに目がいき、音も方向性がとても気になってしまう。
また一つの事に執着し道理でしか考えられないところもある。(ある意味弱点かもしれない)

次に不謹慎かも知れないですが、「スペース・コブラ」を題材に加害の悪を考えたいと思います。
このストーリーは海賊ギルドなる銀河パトロール(秩序?)に抗し全銀河支配を目論む勢力にただ一人戦う男の物語なのですが、この海賊ギルドの手口がとても加害側に似ていて吐き気がしてきてしまう。ロト麻薬を一般人・高官に売りつけ手慣らし快楽に溺れさせ理性的な眼・正常な判断を鈍らせ
奪い取ります。加害側の猥褻な手口そのものだと考えます。そして国と国を無益にお得意のマッチポンプで戦い起こさせ互いの国が脆弱になっている隙に勢力を伸ばすという悪辣なやつらです。
被害者間でもありますが、悪辣な流言飛語には注意していきたいです。戦国時代も関が原の合戦中
直江兼続の父が密かに九州を制圧してから国を盗る企みがありましたが、想定外の合戦の長引きで本州に行けなかったという史実もあるくらいで全体感で考えないと無駄な勢力を伸ばす足がかりになる危機さえあると思いました。
そして「恐怖」のイメージ・幻影を植えつけることもとても似ています。
一番は人類の「宗教心」を巧みに操作することがあります。今地球上ではイスラム圏キリスト圏仏教圏と大きく勢力図があります。政治においても議会政治が成熟されているイギリス・フランス・アメリカについても政治と宗教が離れず結びつきいかに権力という魔物には良心という「宗教」が大切かを物語っていると考えます。人間を数か物にしか見えない宗教には呆れ果てますが、人間を手段にしてしまう残酷な政治にも憂いています。私自身加害側から「あいつはオウムの幹部だ」などどおとしめられたがカルトはさておきお前達ゴミ分際が、宗教云々を語る仄めかしには随分を怒りが込み上げている。日本は神道の歴史があり時の幕府などにお上意識利用にされ、真の意味での宗教心を迫害されてきた過去もある。海外では自分の信仰=彼の人格・信念という考えが根強く、渡米した新渡戸稲造氏があわてて「武士道」を執筆し自らの宗教心を披露した経緯もあるくらいだ。最後に悪魔が使うカードは宗教を利用するというところに来るのか。加害の従順なしもべなど誰がなるのか。考えただけでもヘドが出る。日本人にとってそういう縁の薄い、情報が取りにくい宗教団体やCIAなどの組織を語って被害者を思考停止にさせる手口はとても残虐だ。だからこそ「誰であって誰でない」という発想はとても大事であると思う。そして実態が世に出るその日まであくまでも応戦し、ギラギラと照りつける日の本に加害テロ組織を曝け出すまで戦いそして広報あるのみである。 エイエイオー!!


追記:石橋理事長翻訳記事に改めて感動を覚えました。そして良心的な全ての理解者に感謝を捧げたい気持ちでいっぱいです。
○ニューロフォン(神経通信)と神経通信機能のメカニズム

http://lavidajoejoe.blogspot.com/





右下バナーをクリックされテクノロジー犯罪被害者の救済とテロ撲滅に心からの応援ご協力を何卒お願い致します!!                              
                       ブログランキング・にほんブログ村へ



関連記事

攻撃に対しては

男女の脳のパターンや音声の認識についての差は最近とみにクローズアップされているようです。
ご指摘の大脳生理学からのアプローチによる行動や記憶、精神状態への影響への差についても加害者は十分認識しているように思われます。
被害の状況差違は加害者にはフィードバックされ次の攻撃のベースになるかのように、前とは異なる状況を作り出しています。

宗教に関しては、教育制度や内容の変化に伴い、若年層~大学に至るまでの過程で思想的に無防備な状況に近く、カルトの攻撃(懐柔による折伏)に晒されると、一気に感染するような傾向があると思います。

Re: 攻撃に対しては

Kingfisherさま
コメントありがとうございます。人間個人情報における特性もさることながら、確かに現代科学か加害研究の下に人間のあらゆる無意識特性を知り尽くした上での攻撃ですよね。被害者の無知による無防備も危険ですが、被害者の周知された神経的なほどの防備も余計に加害側を悦にひたらせエスカレートしていく模様も看過出来ません。ですが知らないよりは知ったほうが勝る今はそのような心境です。お互いまた情報取り合いながら前進できたらと思っています。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://neverearth.blog8.fc2.com/tb.php/83-d4043466

 | HOME | 

犯罪広報エリア

星が見える名言集100

最新記事

最新コメント

検索フォーム

World-Word-翻訳

ご訪問有難うございます!

つながるスクラムの輪!


ジオターゲティング

撲滅スローガン

RSS link

メールフォーム

プロフィール

モンテ

Author:モンテ
人類の新たな揺籃は何を始めようとしているのか。一人の生命の重さとは。築き上げた文化とは。テクノロジー被害者はその先駆けとして日々格闘している。生命の尊厳を踏みにじる暴挙を傍観などしていられない!私達はハードパワーの玩具でも奴隷でもない。世界に一つとないかけがえのない偉大な生命なのだから。

被害実態リンク集

カテゴリ

月別アーカイブ

●ブログ投票●

知恵のオアシス

ブックマーク

QRコード

QRコード

▼Twitter▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。