テクノロジー犯罪(個別衆人環視・遠隔五感通信・生体電気介入・ブレインジャック)を弾劾究明する広報ブログ。是非リンク先ブログも訪問して下さい!これは他山の石では無く現実です。 電磁波テロ組織撲滅まで書き続けます

  サイバーテロとの応戦のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> テロカウンター対策 > 告発!事例集? 会社において  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

告発!事例集? 会社において

2008 - 11/06 [Thu] - 18:46

 まったくヘドが出るやつらだ。
加害者は生活の大半を占める労働時間にも牙をみきだしにしてくる。
お金の計算や部品の管理をするとこならば、音声送信を駆使して 違う数を脳内に送り
被害者に多大な損傷を与える様に仕向けてくる。私はこの仕事のときは、3回やって3回とも計算が違ったり、伝票を清書する段階になると変な数が浮かび何度か訂正した記憶がある。

一番は、音声送信を駆使した人間関係の崩しだ。同僚から心ない仕事の失敗を言われているような錯覚を起こさせたり、仕事を依頼されても例えば「テープ 持ってきて」という指示が音声送信が通されると「カバン 持ってきて」と聞こえてくるのだ。これがもし営業マンで大事な案件の話の途中で
この様な失態をすれば後がどうなるか想像に難くない。また失敗でめげているものならば全体責任を問われる音声送信でやる気をなくさせ、加害者のいたずらをマジに受け取ると人間関係もぎくしゃくし孤立し辞職に追い込まれる形になってしまう。声には相手にしないで仕事に集中することを進言したい。

またこういう事もあった。私が誰に言うでもなく法律の仕事をしていると、「今度 司法試験受けようと思う。」と仕事場の患者さんがタイムリーに声を掛けてくるではないか・
また自分が仕事終わり自治会の会合に行こうという日に「今日の集まりはどこでやるのかね?
あるっていうから出てきちゃった」というではないか。 音声送信を使い周りの方まで流しご丁寧に
被害者が驚くように仕向けてくる。本当に許せない犯罪集団だ。

でも私は敢えて加害者に挑戦する意味で仕事は続けている。続けていれば信用が増すからだ。
「お前の給料根こそぎ取ってやる」と音声で豪語した加害者に鉄槌を加えてやりたい。
今にみてみろ!の精神だ。


関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://neverearth.blog8.fc2.com/tb.php/7-79f6aefc

 | HOME | 

犯罪広報エリア

星が見える名言集100

最新記事

最新コメント

検索フォーム

World-Word-翻訳

ご訪問有難うございます!

つながるスクラムの輪!


ジオターゲティング

撲滅スローガン

RSS link

メールフォーム

プロフィール

モンテ

Author:モンテ
人類の新たな揺籃は何を始めようとしているのか。一人の生命の重さとは。築き上げた文化とは。テクノロジー被害者はその先駆けとして日々格闘している。生命の尊厳を踏みにじる暴挙を傍観などしていられない!私達はハードパワーの玩具でも奴隷でもない。世界に一つとないかけがえのない偉大な生命なのだから。

被害実態リンク集

カテゴリ

月別アーカイブ

●ブログ投票●

知恵のオアシス

ブックマーク

QRコード

QRコード

▼Twitter▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。