テクノロジー犯罪(個別衆人環視・遠隔五感通信・生体電気介入・ブレインジャック)を弾劾究明する広報ブログ。是非リンク先ブログも訪問して下さい!これは他山の石では無く現実です。 電磁波テロ組織撲滅まで書き続けます

  サイバーテロとの応戦のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 論点・悪の本性を暴く! > 何故 上から目線はいけないの?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故 上から目線はいけないの?

2008 - 12/30 [Tue] - 01:39

 日々加害ゴミからの音声送信で張り倒してやりたいセリフがあるが、今日はたまたまOKウェーブを閲覧していると、加害がほざきそうなQ&Aが載っていたので、この題材をもとに加害ゴミは被害者に対してどんな意識操作をしたいのか企てたいのか理解する上で少し考えようと思った。

「なぜ 上から目線はいけないか?」この問いに被害者だったらどう思われるかのか。怒りを抑え理性で考えていきたい。まず差別意識が生まれるし、生意気とか。人は支えられて生きてる存在、人間関係がうまくいかないとかのアンサーがあった。そもそも言われる筋合いも被害者にとっては皆無なのだから怒りのやり場に困ってしまう。

次に良回答を参考にしたい。
人間の法則として
?ひとは否定されるのが嫌いで、自己肯定感を求める。
 心理的リアクタンス理論からの主張で、人間は「好き・嫌い」の感情の動物という理論である。
私の前の日記でも記したが、やはり信じて疑わない自分の芯の部分を否定されると、今までの自分の来し方を否定されるのと同義になる。私は感情と理性は、裏と表のようで同居できると思っているので賛成できないが、確かに自分の事を良く知ってくれる人には特別の感情を抱くこともある。被害者にとっては肯定感を求めるばかりか、加害されればされるほど自分の殻に閉じ込む事になると思う。
これが被害とわからないと、いよいよ社会との溝を深くする。

?ひとは自己重要感を求める。
 社会的動物である人間は、自己を価値ある存在と思いたいという感情を持っているということである。私はこれを否定されるのが、一番つらいと思っている。人は何かしら生きてる意味、自分の使命なりを感じながら過ごしていると思うからだ。誰かに頼られている、誰かに必要とされているという感情はしばしば弱くなりそうな自分の心を温めてくれる。いや希望とさえなっている。加害側はここの急所を執拗に攻め、無意味化した自己を植え付けようとしているのだ。

2つのいずれも社会からの孤立を狙った手口だとおもう。だからこそ被害者同士は連帯して対処していかなければと思う。社会的通念も常識も通じない相手に、言われなき非難や中傷されること自体怒りの度を超すが、それらに振り回されない環境を作る手段も必要と思った。


私達は正しい!だから世の雑音があっても、いつも朗らかに広報を続けていくのだ。
「賢者とは徹底的な楽天家である。」 鉄鋼王カーネギー

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://neverearth.blog8.fc2.com/tb.php/50-97e70e02

 | HOME | 

犯罪広報エリア

星が見える名言集100

最新記事

最新コメント

検索フォーム

World-Word-翻訳

ご訪問有難うございます!

つながるスクラムの輪!


ジオターゲティング

撲滅スローガン

RSS link

メールフォーム

プロフィール

モンテ

Author:モンテ
人類の新たな揺籃は何を始めようとしているのか。一人の生命の重さとは。築き上げた文化とは。テクノロジー被害者はその先駆けとして日々格闘している。生命の尊厳を踏みにじる暴挙を傍観などしていられない!私達はハードパワーの玩具でも奴隷でもない。世界に一つとないかけがえのない偉大な生命なのだから。

被害実態リンク集

カテゴリ

月別アーカイブ

●ブログ投票●

知恵のオアシス

ブックマーク

QRコード

QRコード

▼Twitter▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。