テクノロジー犯罪(個別衆人環視・遠隔五感通信・生体電気介入・ブレインジャック)を弾劾究明する広報ブログ。是非リンク先ブログも訪問して下さい!これは他山の石では無く現実です。 電磁波テロ組織撲滅まで書き続けます

  サイバーテロとの応戦のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 人体への影響を考える > ゲップについて  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲップについて

2008 - 12/18 [Thu] - 06:12

 この被害を受けて意識するものに、極度の下痢症状そして
満腹でもないのに大きな「ゲップ」がでるときがある。
私の確信があるのだけど、加害側は最先端の科学を奪っているのと等しく
最先端の人体情報を持っていると思う。例えば、ここを刺激すると自律神経を阻害し、どこかの臓器を弱らせることが出きるとか・・人間のストレスを引き起こすと、こういう現象が出てくるなど。

確かに、こういう電磁波の使い方をされれば、その被害者がもともと病原をもっていたからとか
もともとの自然死だからとか、なんら見分けが付かないことになる。
そこが特に注目すべきとこなのかと最近強く思っている。
どんな病名がつこうが、犯罪者による犯罪なのだから!

ゲップについてネットで掘り下げてみた。
「胃の上部には、胃底と呼ばれるガスのたまり易い場所があり、そこの胃底の気体が一定量に達すると、胃の収縮によって噴門の括約筋が開き気体を体外に排出させるときの現象。」
食べ物を食べるときも多少の空気を吸っている。このとき心身症や早食いとかで空気を吸いすぎてしまうと出やすいらしいのです。それにゲップのし過ぎは、食道を痛め炎症を起こすことさえあるのです。
また大腸の働きが弱ると、胃を圧迫して、空気がたまるようです。
あとは肝臓の疾患も考えられます。
食べ物もなるべく油っこいもの(ファーストフード)は避け、炭酸飲料も控え、適度な運動をしたほうが
ベターらしい。でもこの根っこのメンタル面については、被害者としては防ぎようがない。
だってそれを知って必ず加害攻撃を実行しているからだ!
電磁波ひとつゲップを起こされて、これだけ人体には怪しいと思う箇所が出てくるのである。
酷い話である!これは人為的であるなどど証明できないぜ!と言わんばかりのクソだ。

矛盾しますが、あまりだからといい、神経質になるのも加害のペースに乗ってしまいます。
でも正しい知識は絶対あったことに越したことはないです。
病気が進行してからでは遅いので、怪しいと思ったらなるべく専門の医者にかかるのと
ネットなので、病気や薬について調べておくのもいいかも知れません。

でも私はこの自分の体の症状は逐次プログに書き留めておこうと思う。
いつかこの、因果関係が証明されると確信しているからだ!




関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://neverearth.blog8.fc2.com/tb.php/42-7a024ff9

 | HOME | 

犯罪広報エリア

星が見える名言集100

最新記事

最新コメント

検索フォーム

World-Word-翻訳

ご訪問有難うございます!

つながるスクラムの輪!


ジオターゲティング

撲滅スローガン

RSS link

メールフォーム

プロフィール

モンテ

Author:モンテ
人類の新たな揺籃は何を始めようとしているのか。一人の生命の重さとは。築き上げた文化とは。テクノロジー被害者はその先駆けとして日々格闘している。生命の尊厳を踏みにじる暴挙を傍観などしていられない!私達はハードパワーの玩具でも奴隷でもない。世界に一つとないかけがえのない偉大な生命なのだから。

被害実態リンク集

カテゴリ

月別アーカイブ

●ブログ投票●

知恵のオアシス

ブックマーク

QRコード

QRコード

▼Twitter▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。