fc2ブログ

Content

        

ジェノサイド?世界人権宣言に寄せて

2008/12/11

                 

 ホロコーストそしてジェノサイドいずれも人類が経験してきた人権抑圧の歴史だ。
あらゆるレッテルをはられ、集団で殺傷するという蛮行である。
人権は英語でヒューマンライツという。そう失った光を取り戻す作業であったのだ。
中世期「地球が惑星の中心」天動説と信じていた時代、「地球がまわっている」地動説と唱えただけで異端者とレッテルをはられ宗教裁判まで起こされた時代があった。
まったく恐ろしいのは人間の心であり、またそれを発見する素晴らしさも人間である。
このテク犯罪の被害者もその、範疇以上の苦痛を虐げられている。
24時間の監視体制で 限りなく精神活動を抑圧し生活の質をさげられるのである!
そして今重要な事はある意味 世間には異端であったかもしれない広報も一筋の光が差し込んできたということである。

昔、男性と女性の脳の違いで、右脳と左脳の情報をつなげている橋(脳梁)が女性の方が
男性よりも太いパイプがつながっていることを学習したことがある。
これによって女性はCPUに例えると高速処理で右脳と左脳を行き来することになる。
被害に小さいも大きいもないが、どれだけ女性の方々は苦悩したことかと思うのである。

今日の私も相変わらずの醜い攻撃に晒されている。
音楽のリピート送信、ノイズ送信を何度かやられ、たまに強い響きの音声送信をくらう。
仕事の運転中にも、前方 緑の軽自動車の運転手と助手席の女性2人組が
なにやら後ろにいる私に向けて、わざわざ見えるように手を左右に振って ルームミラー越しに「ニヤニヤ」された。「どんなゴミだ」と思っていると、信号が赤になり先に車線変更した加害車に横隣となった。
停車している加害車の運転手を見ると、まるで殺人者のような般若面のブタキムチ野朗でした。
すぐに左から路地に逃げられましたが・・

業務中も人込みの中にいくと、「ねぇねぇあの人よ。」「あの人もてるんだよね。」と
人を意識させるような仄めかし工作をされる。被害者の皆さんもくれぐれも
こういう手合いのゴミ作戦には引っかからないように。

運転中に戻るが、睡眠不足にされた上、眠気を誘発する音響攻撃がくるため 自分が
寝てて意識ないのか、考えているのか 訳の分からない意識状態にされ
危うく運転事故になるところだった。ふざけたボケだ!

加害の声の音声送信による集中放送は昔ほど酷さは無くなったが(テレビからラジオから天井からあらゆる場所で)チョイ役の加害の登場や仄めかしは途切れていない。

私は、加害者への報復も兼ねて名前をつけている。
?ハクション大魔王=オヤジ声。ボス的な存在で態度も高圧的で、必ず上から目線で発言する。
?ボヤッキー=若い男性声「そうだ。そうだ。」とボスに同調して登場する小心者的なキャラクター。
?DJ=低い声。センスの無いナンバーばかりを聞かす、トーク下手なキャラ。
?野獣ブタ=中年女性の声。かなり戦闘的な発言をするキャラ。切り替えして私が怒るとかなり息をあげて威圧してきます。カスですが。
?春風亭コブタ=声のトーンが高い「あれ。いいすぎちゃった?」とか、かなりのお調子者。ふざけたキャラです。
?ジャガポン=加害のチョイ役キャラ。ジャガイモみたいな頭からつけました。
?ホネホネ=加害チョイ役。やせすぎた女だったのと気色わるかったので。

20年以上と長い被害なのでまだまだ多数、加害者ヘタレは存在する。
これは私が作ったイメージであるので、加害側のイメージ送信 映像送信の意味付けのブロックに役立っている。私が作った産物であるため、加害側に同調することなく又こちらが主導権をもってイメージをしていける。
しかしこのゴミども。漫画の「コブラ」みたいなお方がいたら、是非 ゴミハンターしてもらいたいものだ。きっとこんなセリフをいってくれるのかも知れない。「よせやーい。ドブネズミがいつから増えちまったんだい。」「やつらは恐怖の文字を刻み込もうと躍起らしいぜ。」
世間ではインフルエンザが流行っているようです。被害者の皆さん 毎日が苦痛で大変かと思いますが乾いた空気にはご用心です。案外、通院した方が早いことがありますから、あまり無理をしないことをお勧めします。では どこまでも加害の事実を世に知らしめていきましょう!












関連記事

                         
                         

コメント