fc2ブログ

Content

        

被害体験を語り未来の資糧となりたい①

2022/07/24

                 

今年は梅雨も短く湿度も高く気候の不順が続いている。被害者の方にとっては体調管理もままならない大変なご苦労があると思います。どうか懸命に疲れをためない工夫をして共々にこの夏を乗り切っていきたい。
自分がテクノロジー犯罪に遭遇していると認識できたのは今から22年前。あまりに不思議な現象に遭遇することから必死にパソコンのネット情報を探索していくと”NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク”という被害について優しく解説して下さるサイトに出会うことができた。幾星霜が流れ去年の夏ごろより正会員としてお世話になることができた。本当に私にとって心の拠り所であり強力なエンジンを得たような歓喜があった。
今年は第14回となるテクノロジー犯罪被害フォーラムを5月東京会場にて6月に大阪会場にて開催された。
そこでは超法規的存在が実行する犯罪として論文を紹介しながら克明に不法行為を弾劾されている。
まさにスーパー法規を無許可で罪なき市民に実行するならず者が愚連隊どもが存在するのである。
この機会をお見逃しの方がおられましたらYoutubeチャンネル”NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク”にも
アップされてますので是非ご視聴ください。
私は22年いやそれ以上の歳月をこの果てしのない生死をかけた蛮行との闘いに身を置いている。
しかしその蛮行に耐えた経験や知見を軽く超えるような激しい攻撃がこの1年前より始まっている。
事の起こりは2021年5月頃に遡る。自宅で過ごす時間も多くなっている頃だったが現在も住んでいるテラスハウスのあらゆる方向からけたたましい音量の生活音が聞こえるようになった。そういった現象があっても今までの何度か引っ越しを繰り返した経験からも隣人が意図的に物音を立てて攻撃してくることは無かったので気にせず不問に付していた。またそういった経験からもなるべく住んでいる周囲の方とも仲良くあいさつのできる関係を心がけていた。
しかし今回は執拗な攻撃が鳴りやまなかった。朝6時より耳をつんざくような壁を叩く音・ドアを力強く閉める音など生活音の送信。それが終了すると壁に何度も当たりながら打撃音を立てて掃除をしたり子供がはしゃぐ足音も聞こえてきた。
そして脳内に響かせるならず者の音声をほぼ24時間ラジオ放送のように聞かされたのである。
これを毎回繰り返された時にはすっかりテクノロジー犯罪の罠にはまり自意識を無くしてしまっていた。
テクノロジー犯罪はターゲットの周囲に音や声を送信して意識のかく乱をする事が可能なので「私が犯人です」と理由もなく攻撃してくる事は100%ない。本当にある生活音を普段より増幅して聞かせたり生活音に敏感になるように仕向けてくるのである。しかしそういった知見や冷静さを失わさせるほどのパワーが今回は強烈にあった。毎日物音や人の会話にも敏感になり脳内音声も浴びせられ震えながら出社して耐えていた。これも被害の一つの特徴でターゲットを被害に遭っている事に意識が向くよう集中するようあの手この手で攻撃してくるのである。
この冷静さを取り戻すのに4か月ほどが必要だった。今でも隣人とは笑顔で挨拶し気さくに話す間柄となっている。
しかしここからが本番であった。今までの脳内音声や物音とからんだ怒声や打撃音に加えてならず者どもは
なんと大掛かりな集団ストーカーを繰り広げてきたのである。
私は現在介護支援専門員として職を得ている。ご利用者のお宅に伺う時は社用車を使い移動している。
仕事中にも低速10kmで前を走行されたり停車しているとずっとこちらを睨んで通りすぎたり人通りのない道路で突然パッシングしてきたりかなりの精神的な揺さぶりがあり動揺を隠しきれない中、利用者のためだと奮闘してきた。
この続きはまた次回に投稿に譲りたいと思います。
私のこの拙い経験則からもこの前代未聞の犯罪に遭っている勇者は絶対に孤立しないでください!!
仲間を分断させる事が常套手段の野蛮人だからです。それが彼らの上等のエサなのです。
自分が被害と勇敢に戦っている日々をオープンにしてください。そしてその貴重な体験をオープンソースに
あげて(SNS等)みんなにシェアしてあげてください。被害者の方とドンドンつながってください。
あのロシアを追い詰めた”ベリングキャット”のような集団をいつの日か作りたい。
この犯罪の結果はもうすでに決まっている。あとはどこまで追い詰めれるかそれだけなのである。

地球上で日本全国で2226名以上の被害者がサイバネティクス技術の悪用によって人権を侵害されこの瞬間にも被害が増加している緊急事態です!テロに等しい犯罪行使なのです。この見えないテクノロジー犯罪を広く知らせ未だ犯罪を知らず毎日虐待され続ける被害者を一刻も早く救済する為にもランキングひと押しのご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。 
  ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
             
関連記事

                         
                         

コメント