テクノロジー犯罪(個別衆人環視・遠隔五感通信・生体電気介入・ブレインジャック)を弾劾究明する広報ブログ。是非リンク先ブログも訪問して下さい!これは他山の石では無く現実です。 電磁波テロ組織撲滅まで書き続けます

  サイバーテロとの応戦のナビゲーター   トップページ > 2009年12月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電磁的武力で覇道に焦がれるゴミテロ

2009 - 12/20 [Sun] - 23:09

ここに書いている最中にもブラウザを中断させたり、全身を痒くさせたり、モーター音に連動させた奇妙な音声を聞かせたり、私の住処の近くに「VOICE」なる大きなステッカーの付いたバンを停車させ加害ゴミの存在を誇示したり全くならず者のゴミテロどもである。

福沢諭吉ではないが人間以上の人間は存在しない。表現も思想も言論も自由であるからだ。何にもまして人権という生命という尊厳があるからだ。ヒトDNAを持った神などいるはずがない。この美しい自然以外は全て人間が生み出したものだからだ。たとえ超越的なものが出来たとしても自ら絞首台に登る行為に等しく永遠性はそこにはない。

人は信頼というつながりによって初めて心を開く。しかしゴミテロは恐怖を埋め込むことによって人を支配し管理しようとしている。しかも無断で見ず知らずの人に向かって発する。人の自由を奪えば奪うほど人を陥れれば陥れるほど自ら階段を転げ落ちていることも知らずに。

しかし人類はこの虫けらのような奇妙な存在を生み出してしまった。人の生活圏を狭め孤立させエセ支配者のように暴虐の限りを尽くす。最近もジンマシン被害が同僚にも発症した報告をしたが、なんとそこに従事するほとんどの方が全く同じような部位に発症して体熱がでると赤く斑点が浮き出る被害にあった。しかも皮膚の感染症に疑われる方も出ているのだ。ここに書けば追随するような暴力を仕掛けてくる雑菌どもである。

「生活支援ロボット」の事業が脚光を浴びている。この稚拙なブログに大手電機メーカーや大手広告代理店の方々の来訪も多く見受けられている。本当に感謝申し上げたい。
体験している事実だけを述べているので、是非リンク先にも足を運んでこの醜悪な事実を焼き付けて頂けたい。

被害と自覚してなかった時代。高校の友達が泊まりに来ると「お前のうちの冷蔵庫のブォンブォンでかくて怖いよ」と真剣に訴えられ困り果てているとテレビが突然バァン!と鳴り平屋建てのいないはずの天井からドソドソと音がしたり物怖じしないでいると夜中の人通りのない外から「暴走族あがりは違うなぁ」「ボスが今まで生きさせてあげていたんだ」と加害主と思われる意味不明な人の声が聞こえだしたりおよそ理解に苦しむ日があった。(その友達が後日、家に帰るとだれもいない筈の部屋から突然CDがしかも「運命」が流れたといわれオカルトかとゾッとした事があった)私の友人をも巻き込む悪逆非道な手口だ。

自分の変わりがいない大事な用件の時に限り吐き気と激しい頭痛と極度の眠気で人の信用を落とされる被害にも随分とあっている。顔を洗ったり、お風呂に入ったり水を浴びた後は必ずといって良いほど体中に虫唾が走り額や鼻の辺りが静電気のようにジワジワとし顔のあたりの空中のほこりがひっついてくる被害にもあう。自分の体が帯電している一つの証左ではないかと考えています。

最近つとに気づいたことは、廊下での足音やドアの音・階下の生活音・空き缶をゴミ箱に捨てる音が非常に大きく耳朶に反響することがわかった。(地面に下に向かって起こる打撃音のボリュームの増幅)
これは相互交信が行われている動線での遮断としての現象なのでしょうか。
昔近くの小学生が集団下校をしていて私がその反対側の歩道を歩いている時でした。
不意にその中の一人の小学生がヘルメットを地面を叩きつけるように落としハンパない反響音があたり一面に響きその周辺にいた歩行者も体をのけぞるほど仰天し驚いていた。
地面を這っていくような反響音だったと記憶している。
私という被害者の通信可能な磁場がそうさせているのだろうか。

車を運転中AMラジオを聴きながら走行していると大きな電波塔に差し掛かった所で必ず受信が乱れるという被害もある。ひどいときなど私が通りかかったところで「お前が通るとワンセグの映像が乱れる」と言われてしまう始末である。

あとこんな奇妙な体験をいつもしている。
車を運転中、車内にある携帯電話が鳴る手前から聞いていたAMラジオからそれと同期して「ブィンブィン」うなる音声ノイズが鳴ることがある。このキーワードは携帯音が鳴る手前である。
あともう一つは、買い物の途中抱えているセカンドバッグの中にある携帯電話が鳴る手前で必ずその音と同期して自分の指先が「ジンジン」と指先がバイブにかかる現象がある。
このキーワードも鳴る手前である。
なので私は携帯電話がかかってくる前に「あ、携帯に電話が入ってくるな」と先に分かってしまうのである。
これは決定的な自分の人体を使った加害テロの事実では無いでしょうか!

ここまで来ている間にも5回ほどブラウザが閉じてしまっている。
ゴミは始末に終えないが・・
2010年こそ加害ゴミの居場所を狭め実りのある年としたい。
いつでも何度でも攻め続ける精神を胸に秘めて。






地球上で日本全国で614名以上の被害者がテクノロジー犯罪によって人権を侵害されこの瞬間にも被害が増加している緊急事態です!テロに等しい犯罪行使なのです。この見えないテクノロジー犯罪を広く知らせ未だ犯罪を知らず毎日虐待され続ける被害者を一刻も早く救済する為にもランキングひと押しのご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。
                  ↓                             
                    ブログランキング・にほんブログ村へbanner_21.gif


スポンサーサイト

ゴロツキに食い扶持を授ける奇妙さ

2009 - 12/04 [Fri] - 18:46

ここ最近体調を悪化される被害に見舞われている。ジーザー音は常に聞こえ神経をかき乱され疲れが取れない体に追い討ちをかける睡眠妨害が続き
食欲があまり進まない中、脳内に響くグワーという電気的な音声と共に頭が割れるような頭痛がおき
吐き気が伴いトイレで何回も上から下から吐く症状が出ていた。水分でも摂取できると生命維持ができるのだが
そこはゴミテロ。悪化してる患部の傷をさらに開くように、食べれば吐く飲めば吐くの連続だった。
これを一週間に一回の頻度で起こされている。それでも仕事は行かざるを得ず出社すると間もなく症状が和らぐという奇妙な仕打ちにあっている。そういえば被害者の方でこの「テクノロジー電波」は人体の血管を出血させる作用があると伺ったことがある。人体および血管にストレスを与えていることは事実だと思う。
また職場の同僚が突然痒みを訴え、右側の足・胴体に湿疹ともジンマシンともとれるものが突然発症し熱感がでると
尋常ではない痒みがでる被害が出ている。どこでも被害者周囲の方にまで攻撃を仕掛けるゴミテロに怒りが収まらない。
そしてまた奇妙なことにその自分が何故か同じ部位の右側だけジンマシンがでて風呂上りや体が熱いときは尋常なくかゆみが起きている。ここで改めて思うのは是非被害者の方は定期的な検診できれば人間ドッグをすることを推奨したい。
自分の健康を守るのは又目に見える数値がわかるのは検査しかないからです。
あと合わせて私のPCがトロイの木馬に3回も被害にあったことも記しておきます。(XPを三回再インスト)


報道では与党の国家予算の仕分けチームの切れ味のよい削減議論が熱を帯びている。
持論で思うのは確かに時節に合わない予算額や無駄な事業は廃止されたほうがよいと思う。
しかし今食品やリサイクル品のトレーサビリティ(流通経路)の法制はあっても
この大事な予算のトレーサビリティ要するに誰がお金を渡して最終的に誰の手元にきたかは不問に否不明のままである。だからあんな所在のない無責任さや独法人が天下りの温床になったりしてないのかと考えている。
何よりその人の税金を研究費を貪りノーパスでテロの資金源にされてないかという疑問を払拭できない。
世界の息遣いは感情はそのまま経済に現れると思う。

昨日NHKテレビで出社が楽しい経済学を拝見した。

http://www.nhk.or.jp/shussya/keyword/07.html
「レントシーキング」なるもの。この世の中既得権がないものはない。
また権力ほど恐ろしいものはない。しかしクリーンで公平な世の中を形作るにはこの既得権との戦いを避けることはできない。見えない電磁波技術をゴロツキに授け被害者を逆撫でする様は独善的な国家のモデルである。
このゴミに譲渡された既得権を奪取できるその日まで私は叫び続けたい。

以下のような未来もすでに実験がなされている。
しかし人権の議論のないまま進む現状に不愉快さすら覚える。
●「実空間透視ケータイ」の今後
 実空間透視ケータイは、センサデバイスの小型化により、カメラ、GPS、地磁気センサ、加速度センサなどが携帯電話に搭載されるようになったことで実用化が進み始めた技術である。そして、今後は、各種センサから取得された、動的で大量な実空間情報に対して、加工、変換、マッチング等を行い、有用な情報を抽出する技術「センサデータマイニング」への取り組みが期待されている。センサが個人と環境をつなぎ、ユーザプレゼンス情報を取得できるようになると、様々な新しいサービスを提供できるようになるからである。
 ここで、数年以内に実現できそうなサービスをいくつか挙げてみると、例えば、電車に乗ったら自動的に携帯電話がマナーモードに切り替わったり、自動車に乗るとナビゲーションシステムが自動起動したり、子供がスクールバスに乗ったら母親に通知メールが届くようにするといった使い方が考えられる。
 また、その次のステップとして、ユーザプレゼンス情報の共有が進むようになれば、複数ユーザのプレゼンスを組み合わせることで、空間プレゼンス(場の状況)の取得も可能になってくる。その結果、例えば公共空間の混雑状況を把握したり、場の盛り上がり状況を察知したりすることが可能になる。このように、実空間透視ケータイは、ユビキタス社会がさらに進化した、マシン側から自律的に人に働きかける「アンビエント社会」を実現するための技術として、今後の成長がおおいに期待されている。

何度もいうが遠隔からのテレパシー通信や人体に影響する兵器は開発され実行されている。
被害者は言われ無き屈辱と陵辱を虐げられ生活を脅かされているのだ。
ゴロツキに最終兵器を持たせる得体のしれない輩が存在するのだ。
もっと私に財力があったならこれを報道映画にして自主的に放映したいくらいなのだ。

被害者の方が一人ももれなくこのゴロツキのプロジェクトに屈せず人生を生ききって全うされることを切に願望します。私は「違っていい。それでいい」という教育者の言葉が大好きです。だから今自分の本然に従う透き通った使命感に立っていけば良いと思っています。
欺瞞に満ちたゴミテロのささやきに真実など皆無である。それぞれ違うからこの世が成り立っているのである。
絶対に自分を卑下してはならないんです。
ゴミテロに社会奉仕や社会貢献の心があればまだ耳をかす必要があるのかもしれない。しかし「この人が幸せになったらいいな。」とか「これが分かったらこの人が解決するな。」なんていう道徳心などかけらもない。
あるのは「こいつがどうやったら孤立するかな。」「どうやったらこいつが変人扱いされるかな。」という凡そ人間の心もない思考に執着し影でケラケラ笑っている軟弱体である。
しかしである。その加害者ゴミテロが放った行動中でも言葉はブログなどにしっかり記録として残していくことが肝心だと考えます。後を絶たない被害の中、孤立無援になった被害者のきっとその記録は鑑になり解決の糸口になるメッセージになるからです。加害の言葉など消えてなくなる泡沫のようです。しかしその幻惑させる手口の言葉は被害者にとってきっと防波堤になるはずです。

今年もわずかとなりましたが、もっと被害者ネット網が広がり言葉こそ武器と収穫のある来年にするべく私自身勇敢にこの身をなげうっていきたいと思います。被害者の皆さん。どうか健康にはくれぐれも注意なさってください。

追伸:ブログ投票を新たに無期限で設置してみました。お手すきの方がおりましたら是非ご協力ください。



地球上で日本全国で614名以上の被害者がテクノロジー犯罪によって人権を侵害されこの瞬間にも被害が増加している緊急事態です!テロに等しい犯罪行使なのです。この見えないテクノロジー犯罪を広く知らせ未だ犯罪を知らず毎日虐待され続ける被害者を一刻も早く救済する為にもランキングひと押しのご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。
                ↓                             
                     
                   ブログランキング・にほんブログ村へbanner_21.gif

 | HOME | 

犯罪広報エリア

星が見える名言集100

最新記事

最新コメント

検索フォーム

World-Word-翻訳

ご訪問有難うございます!

つながるスクラムの輪!


ジオターゲティング

撲滅スローガン

RSS link

メールフォーム

プロフィール

モンテ

Author:モンテ
人類の新たな揺籃は何を始めようとしているのか。一人の生命の重さとは。築き上げた文化とは。テクノロジー被害者はその先駆けとして日々格闘している。生命の尊厳を踏みにじる暴挙を傍観などしていられない!私達はハードパワーの玩具でも奴隷でもない。世界に一つとないかけがえのない偉大な生命なのだから。

被害実態リンク集

カテゴリ

月別アーカイブ

●ブログ投票●

知恵のオアシス

ブックマーク

QRコード

QRコード

▼Twitter▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。