テクノロジー犯罪(個別衆人環視・遠隔五感通信・生体電気介入・ブレインジャック)を弾劾究明する広報ブログ。是非リンク先ブログも訪問して下さい!これは他山の石では無く現実です。 電磁波テロ組織撲滅まで書き続けます

  サイバーテロとの応戦のナビゲーター   トップページ > テロカウンター対策  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追記:生きとし生けるもの

2009 - 03/27 [Fri] - 14:50

 誰よりもあるべき青い地球の為に戦っているのは被害者である。心ある権力者や宗教者は心の声を聴いて欲しいと願う。釈尊の祈りの言葉にこうある「生きとし生けるもののすべてが安楽で、平穏で、幸福でありますように。いかなる生命、生物でも、動物であれ、植物であれ、長いものも、大きなものも、中くらいなものも、短いものも、微細なものも、少し大きなものも、また今ここにいて目に見えるものも、見えないものも、遠くにいるものも、近くにいるものも、すでに生まれたものも、これから生まれるものも、一切の生きとし生けるものが幸福でありますように」?スッタニパータ 拝金主義者が勝つのか、科学崇拝者が勝つのか、平和主義者が勝つのか、今どこに原点を見出せば活路は幸福は来るのか。キリストも釈尊も自ら書物を著した史実がない。あるのは後世の為にと弟子が残した書物である。実に彼の哲学者も然り人の輪の中に入りひたすら行動で示した。私 被害者が望む幸福とは「普通に暮らせる生活」である。「王の権力のものと生まれた故に身は従えられているようであっても、心は従えられないのである」とは世界人権宣言にも採択された日蓮の言葉である。いかなる権力であれ魔物であれ、この加害ゴミとは命尽きるまで戦う決心である。

今日ニュースにて地元・浜松の航空自衛隊がなにやら騒がしい。緊迫する北朝鮮の脅威に周辺が不穏だ。この気を乗じてサイバーテロ或るいは電磁テロが調子乗ってリモート操作しないかと心配である。一番苦しむのはいつだって一般市民である。権力者と名乗るものはその重さに気づいてほしい。
○PAC3 迎撃体制を指示

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/m20090326037.html?C=S

あらゆる管理体制を脅かす存在も無視できない。次に紹介する未来図はまさに地獄絵図である。
電脳社会といえど動力は人間である。加害悪を陽のあたる場所へ!人の苦しむ姿悩む姿に快楽を覚える人間の形をした変態カス。うまくいかなくなると人を脅し、優越感に浸るウスラカス。エゴ目的で人を殺すことに何ら躊躇も思考もしない肉食ゴミ。お前達と同じ時間の中で暮らしてると思うとまた与えられていると思うと滑稽にさえ映ってきてしまう。
加害の脳カスでは未来は読めないかもしれないが、ドブゴミが世に存在する限り 近日にも公安側も怪しい勢力をキャッチする事態になったらどう思うのか?間違いなくテロ強化特に人類の管理体制を重層に強化していくだろう。そうだドブゴミの居場所や武器も含めて監視管理体制の下に置かれるのだ。それによって二重に被害に遭うのは私達被害者である。国民総監視の時代が当たり前になりセキュリティーの厳しい世で暮らせねばならなくなる。嫌になったら宇宙にでも引っ越すつもりかい?精々宇宙のカスか塵がお似合いかもな。何度も言おう。「お前達カスが存在する。その時点で負けは必至なのだよ。」いたちごっごなんて生優しい。ただ暮らしにくいセキュリティー網が張り巡らされた中に更に追い込まれる話であるからだ。
○「50年後の未来? サイバーテロに狙われる電脳社会」

http://forest.kinokuniya.co.jp/ItemIntro/142445



驚嘆の動画である。これはテスラコイルより放電しPWM変調(アナログ信号(AM)→アナログ信号に処理)したものから音声を出すという代物である。人体皮膚が放電・帯磁されたと過程するならば何かの体調異変がないほうが異常である。未だ加害武器のエネルギーの所在は不可思議である。被害も、被害ブログの主が書かれた被害とほぼ同時刻に同じ攻撃を受ける事がある。同時多発は可能なのか?何かのルートが繋がっている証拠なのだろうか。

実際被害に遭われている方々の意見をブログより参考にさせて頂きました。
○電磁波(Aフレイ波 Bテスラ波 Cスカラー波 Dマイクロ波 E超音波 Fレザー・X線分光) 
○送信技術(アナログはかなり有効な説 PWM変調 衛星通信 光技術)
○相乗効果(フレイ効果・バイノーラルビート・聴覚及び倍音など音響効果)
 
http://droid7c2.hp.infoseek.co.jp/binaural.html

いつも静電気のような痒み・チクチク感・熱感そして不快なノイズ音はそこにパルス磁場が働き生体リズムさえも脅かしている証左なのだろうか。石橋理事長が訳された「ニューロフォン」の説明が今はとても鮮明にしっくりと来てしまう。
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/stmore/NEUROPHONE_BREAKTHROUGH.htm

現代の軍事科学とは何か。興味の或る方は一読してください。自分が臆病だから前面に出ず遠隔から他人を操作したい加害ゴミそのままの姿である。
http://blog.chemblog.oops.jp/?cid=7059

しかし一日中かなりの電磁波を浴びせられてると思うと人体にどれだけ影響があるのかとても気になる。この卑劣な加害悪と戦っていくためにも何かの教訓を得て頂ければ幸いです。水分補給そして電磁波暴露から少しでも軽減できるものを探していきたい。
○電磁波に関する質問と回答

http://www.jomon.ne.jp/~ja7bal/denjians3.htm
とても一般的な視点でわかりやすく身近に感じることが出来ます。
○EMF

http://www.who.int/docstore/peh-emf/publications/facts_press/fact_japanese.htm
WHO(国際保健機関)の電磁波被害に関するページになります。
○生体EMC

http://www2.nict.go.jp/y/y224/bio/index.html
総務省の出先機関です。何やら電磁波計測という目録が気になります。
また職を追われる事になってしまった。幸いにもすぐ就職先が決まり安堵はしている。あのゾンビーのような面さげた集団ストーカーは一体どうしてくれようかと本当に怒りで寝れない日もあった。今日も朝起きると腰に激痛が走り約束の用事に行かせまいとの攻撃があった。全身に起こる痒みも異常で肌がただれた所もある。連動して陰部への痛み、歯の痛み、意識朦朧感。あとよほど私を園児扱いしたのか「中学生?!」「幼稚園児?!」という貶める音声も見知らぬ人の声にアフレコ加工され連動して行われた。
いつになったらクリアな思考で考えられる事が出来るのか。足の先がしびれていたり、安眠妨害でリズムが壊れ眠気がいつも取れず、ノイズは鳴り止まない状況である。
マイナスな思考植え付けに抗して今日も明日も断固前進あるのみで!

右下バナーをクリックされテクノロジー犯罪被害者の救済とテロ撲滅に心からの応援ご協力を何卒お願い致します!!         
                        ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

会って話すと伝わることがある

2009 - 03/26 [Thu] - 14:30

 電磁波テロは相変わらず下心・野心丸出しの攻撃を続けている。相手と約束して言ったはずの日時が妙に伝わらず「言っただ言わない。」のトラブルは日常茶飯事である。全身の異常な痒みとノイズ音を聴かせるのはほぼ常時となっている。寝る寸前になると平手打ちされてる様な攻撃かこめかみを締め付けられる様な感覚刺激で起こされることもしばしばである。加害ゴミに何言われようが「そんなの関係ねぇ!」「誰であって誰でもない」まずは「被害者は一つも微塵も悪いことはない!」という決定的な事実。そして今ある実績である。そこから全てを考えていけば良いと考えている。私自身 確かに人を傷つけ自分本位になった事もあったが、しかし加害側は殺意もって殺害をしてくる張本人である。どちらが悪なのか? 卑猥な攻撃に屈しそうな時もあるが果たして死罪に値する人物はどちらなのか?絶対に悪に屈してはならない!悪に妥協はない!
あと良く起こる被害にめまい・立ちくらみがある。少しでも参考になればと掲載してみました。

○めまいめまいめまい
http://park16.wakwak.com/~sunohara/memai/memai.html
中でも脳血管性障害によるめまいと、三半規管などによるめまいがあるそうである。脳を痛めつけるゴミテロ風情に改めて怒りが爆発しそうだ。
昨夜「バッカス&ミューズ」内山さんと、多忙なスケジュールの中で久々の電話に拘わらず30分ほど話し合うことが出来た。私は誰よりも最前線に立ち広報を続けられる勇者は内山さんそして耳印さんの他に追随を知らない。いつも自然な感覚をお持ちでそれでいて本心を掴む説得力を兼ね備えた人であると思う。こういう一流のエネルギーから何か得たいという気持ちで電話して改めて感動したと同時に教えて頂いたことがある。
「会って話すと描いていたイメージと異なり伝わる事がある。」(趣意)敵を知り己を知れば百戦危うからずという言葉があるが、やはり頭で導き出す答えと実際に会う答えは対照的なほど違いがあるのか。理論と実践の違いなのだろうか。コミュニケーション学でも相手に伝わるのは「話の内容20% 相手の声・表情80%」だそうである。相手の記憶に残るのは内容よりも声や振る舞いがほとんどだというデータ。いかに実際に会って話すことが重要だという示唆だと思う。そして内山さんは物怖じしない方である。一流に学ぶ事は大いにある。
「あくまでも事実のみを訴え普段着で相手と対等に話す。」(趣意)
対話の重要性はとても理解できた。そしてもう一歩踏み込んで何度も何度も執拗に事実のみを伝えていく事も必要だと思う。内山さんが常々言われるキーワードは「人間対人間」。階級職だろうが派閥であろうが相手の心を開かせなければ想いがストレートに伝わらないという事なのだと思う。それはきっと着せ替えの様に相手に合わしているのでは無く普段の生活から「ナチュラルな自分」「あるべき自分」をお持ちで意識しないでも出てくる「人間らしさ」ではないかと。対話はまず相手を尊重することからとあるが、実にどのような人にでも誠実そのものの方であるという印象である。
 
確実にこの瞬間にも被害実績は重なり、非被害者である相手からお願いされる日も近いと思う。
昔、ストーカーが世論を賑わしていた時ある署に行くと「そういった事ならここへ連絡してください。」とある盗聴業者を紹介される場面があった。何時の日か「テクノロジー犯罪はNPOテク犯へ!」「署において信頼おけるベストパートナーです!」という通達が各署に回覧される日も遠くない。そう確信している。
ゲーム産業・IBM・SONY・商社・JRと渡り歩いた経験(加害の姑息な攻撃により辞職)から、企業・官公庁はそれなりのメンツを持っているという事に尽きると思う。警視庁と警察庁も例外ではない。所轄のトップである都道府県知事を始めこのテク犯ムーブメントを誰も止め避ける事は不可避なのである。逆にインタビューされる日が来るのかもしれない。あとどうしても伝えたい人に「河野義行」さんがいらっしゃいます。あの忌まわしき松本サリン事件で警察・マスメディアまでもが集中放送を仕掛け報道被害にあい犯人扱いされた稀有な方です。書籍を刊行していますが、昨今では悔いるオウム幹部と話し友達になったと公言する懐のまた寛容な方です。いつの日かこれぐらい影響力のある論陣はれる組織にテク犯がなれることも希望として持ち続けています。
○警察のしくみ

http://www.npa.go.jp/koho1/sikumi.htm
「バンキシャ報道」もネット依存の情報収集が裏目に作用し内部告発をネットで募集するなどどいう記事が躍った。ネットは単なるツールでしかないと思う今日この頃。しかし怠慢な態度で被害者の領地を侵食する勢力には声を上げていかねばならない!

そしてたまたま今朝モンテで検索していたら興味深い企業を見つけたのでご紹介したい。

○?モンテシステム
http://www.monte.co.jp/index.html
いわゆる医療機器なかでも計測機器を扱う企業である。この中の取り扱い商品とリンク先を拝見してまた勉強になったので掲載してみました。
EMG(筋電図)脳誘発電位 聴性誘発電位(AEP)体性感覚誘発電位(SEP)視覚誘発電位(VEP)ERP(事象関連電位)などどかなり難解な専門用語が並びますが、これ全て生体信号を計測するのに必要な用語なのです。この生理学・生理心理学では脳や視覚(サッケード=急速眼球運動)の生体反応と人間の心理とを比較解析し実験しているという事である。ネット上でこれだけの知識ならより上層の研究機関ではとあらぬ妄想をしてしまった。またこれを応用し犯罪抑止対策にする研究もあるようだ。しかし心を覗かれるとはとても警戒する内容ではないか。
○ERP入門

http://www2.oninet.ne.jp/ts0905/erp/erpsemi.htm
○筋電図入門

http://www2.oninet.ne.jp/ts0905/emg/emgsemi.htm
○眼球停留関連電位分析システム

http://www.melontechnos.co.jp/img/EFRP/EFRP.pdf
○日本生理学会
http://physiology.jp/

また(社)電子情報通信学会より「音がもつ心理的特徴と生体信号の関連性」と題する書籍が発刊されている。そこには「種々の音の聴取がヒトの感性に影響を及ぼすことが知られているが、不快な音を聴取した際は脳波β波成分が増大した.一方, 快い音や澄んだ音を聴取した際は脳波α波成分およびθ波成分が増大し, 脈波から得られた副交感神経成分が増大した。」とある。まさに常に聴かされるノイズ音脅しの声はこういう類の誘導ではないかと勘ぐってしまう。
まだまだ研究論文を紐解くといろいろなメッセージを読み解く事があるかも知れない。
○研究開発支援総合ディレクトリ

http://read.jst.go.jp/
被害者の願いは唯一つ、おちぶれ居場所が無くなる加害ゴミどもの慌てふためいた姿と消えてゆく日を見届けるまで断固広報と抗戦を続けていくだけだ!そしてこれは確実な勝利なのだ。




右下バナーをクリックされテクノロジー犯罪被害者の救済とテロ撲滅に心からの応援ご協力を何卒お願い致します!!                              
                                ブログランキング・にほんブログ村へ

追撃の手を緩めず一気果敢に

2009 - 03/08 [Sun] - 00:31

NPOテクノロジー 犯罪被害ネットワークの要望書に対する返書の報告が掲載されている。
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/02messagekai02.html

被害者の血の滲む様な声が国政という舞台に浸透する日も遠くないと実感する。麻生総理、警察庁長官、国家公安委員長、衆議院議長という国家のトップからの回答である。なかでも警察庁に関しては「今後も何か困りのことがございましたら、都道府県警察にご相談いただきますようお願いいたします。」とのお墨付きまで頂戴している。これからは被害届が警察に集まれば集まるほど衆知の目は加速度的に増えていくものだと思う。この陳情書のコピーを片手にまずは個人で自分の被害を届けて行く事が何より先決であるし、警察のトップからの通達であるのでこれを有効利用しない機会は無いと思う。「早すぎる?おはなし」の著者バッカス&ミューズ内山さんも自ら足を運び、この短期間で都内図書館11区15館に置かれるという輝かしい実績の足跡を残されている。貸し出す人が目に触れるたびに世の現実が広まることになる。NPO団体があり、被害者が今も増え続けていること。警察庁から陳情書の回答が出ている事実。被害報告書籍がすでに図書館の書架に置かれている実績。これだけの事実だけでも中々言い出せず悶々としていた被害者の足を軽くしてくれる証拠は無いと思う。それぞれの被害者のスタイルで訴えていけば、いや自分の足を使って動いた分だけ更に加害側の居場所を狭める事が可能であるし、その行動に嘘はないと思う。
今政治も混沌を深めて時期に議員の公演する機会が増えると思う。私も耳印さんが訴えたのと同じく地元に来る議員の方がいれば、どんどん食い込んでいきたいと思っている。
?政治?法律?医療・衛生保険?学術・文化?マスメディア?地域コミュニティーと連帯を広げたい分野も様々ありますが、まずは身近な理解者を一人作りたい。そういう気持ちになっている。


       怒りの狼煙を早期に加害テロギルドを撲滅に!!     
コブラ

一月に月刊誌「Newton」スペシャルにて「波動」の正体として現在研究が進んでいる分野を紹介していた。この被害者を毎日苦悩に追い込む技術は、何なのか。知ろうと思えば思うほど、混乱してくる。              

○ヒトラーの究極兵器とマインドコントロールの謎
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha666.html

○電磁波の技術の資料
http://www3.ocn.ne.jp/~okiwave/gijyutu.html

○電磁場対策検討委員会発足と嗅覚味覚を送る技術について
http://lavidajoejoe.blogspot.com/

私はよくタバコを家で吸うのだけど、温風ヒーターで部屋が暖かい環境で、また蛍光管が「ブィーブィーン」と強い電磁波が当てられている状況で、電子ライターをつけてタバコを吸おうとすると、何度つけても火がつかないという現象が家にいるときは、ほとんど起こる。電磁波は熱や電子着火に反応するのだろうか。タバコでさえこの調子である。
先日のテレビで脳神経学の権威の方が「脳の意識なども水というものから起こっている」と言明していた。古代インドでも地水火風という宇宙に遍満する元素から人間は出来ているとする説があるが、
多くの被害者の方が言われているように確かにプールで泳ぐなど体を水にさらすと、幾分体の重みが疲れが取れるような気持ちになる。また末端神経のある手や足などにアルミはくをしたりすると、電磁波被害が軽減するような報告も拝見している。いずれの方も口をそろえるように、まずは場所に留まるよりも外交的に外にでるなどすると電磁被害の感覚が和らぐようである。


○集団ストーカーHP(検証と対策)
http://www1.odn.ne.jp/organizedstalker/kensyo/kensho_index.htm
 冷静にかつとても斬新な視点からこの被害の究明をなされている方のHPです。いつも参考にさせて頂いています。ダイレクト攻撃によるストーカーの仄めかし、そしてリモート攻撃による音声送信。この被害を冷静に自問自答するような対処方法がのっています。大変感銘深い内容なので音声送信等で困っている方には是非参考にして頂きたいと思っています。

しかし毎日花粉症の為、やむなく鼻水などを抑える薬を服用しているが、頭がグラグラするくらいの不明瞭さと極度な頭痛そして眠気に襲われている。体調が悪いと悪寒にもにた冷気が体を走る。そしてノイズ送信。BGM送信。声送信などで思考が持っていかれそうになる。十分気を張って対処していきたいと思う。ただ今分かっていることは沈黙してても状況は一変しない。警察庁の窓が開けてきた今こそ一気火勢に声を上げていければと思う。そしてドブネズミなどに怯まぬ、大胆不敵さを!








右下バナーをクリックされテクノロジー犯罪被害者の救済とテロ撲滅に心からの応援ご協力を何卒お願い致します!!                              
                       ブログランキング・にほんブログ村へ

核磁気共鳴と遠隔脳内操作の未来?!?

2009 - 02/21 [Sat] - 08:00

 昨夜も夜勤の帰りの事。ずっと自分の車を後続していた車が自分の思念で「右に曲がれ」とかいうと
急にウィンカーを出し慌てて右折したり、ひとけの無い路地の停車線位置にくると、2分ほど意識的に?車を止め私の車の進路妨害し抜きにかかろうとすると発信する妙な●タータクシーに出遭った。疲労が溜まった帰社の途中でこの調子である。おまけに上司と話していて大事な話の所になると、「ザァー」とか高いノイズ音を耳近くで響かせ、突発性難聴にさせ人の信用をおとさせる愚弄ぶりだ。ゴミ共いい加減にしろ!ノイズ音と歌の「デンジマン?」「妙な演歌」を聞かされる。数日、眠気も中々とれないで集中力が散漫している。
それで今回は加害のトリックに応用されているような記事を紹介したいと思います。

○潜在意識「直観」の実験
http://news.goo.ne.jp/article/wiredvision/business/2008news1-17702.html
○人間の決断はいつ行われるか
http://wiredvision.jp/news/200804/2008041723.html

この実験で線条体が脳の本能的直観に深く結びついてることが明らかになったという。虫の知らせとかパラレルワールドなどがそうだろうか。これは実際 潜在意識と密接に働いていると思う。そこに意識を刷りこまされている感が被害体験からある。また次の記事には、意思決定した一瞬前に運動を司さどる脳の領域が発火したと伝えている。脳活動も前頭葉皮質から頭頂葉皮質に移動したと。意思決定は実は潜在意識が実行しているかもという所が妙である。そして「精神疾患のあるものは何かしら特殊な力を有する。」とあった。加害アナウンスによる特殊能力(テレパシー通信)の植え付けにもうんざりしているが、これには異を唱えたい。次の記事など加害の扇動の所作と勘ぐってしまう。
○神経科学がマーケット

http://wiredvision.jp/archives/200506/2005060303.html

これによると数年前から米国独国の科学者がfMRIを駆使し、脳内を探ってきたというショッキングな記事だ。悪辣な人権侵害である。しかも後記で、科学者に報酬を支払い、人間操作する方法を模索させているというのだ。どこまで人間を馬鹿にすればいいのか。被害者の心を踏みつける暴挙である。「今はマインドコントロールを心配する時期ではない。」と・・ではその時期がきたらどのように抑制させるおつもりか?こういういい加減な扇動に惑わされてはならない!

○手品に学ぶトリック

http://wiredvision.jp/news/200808/2008082023.html
加害のやること、なすこと何か人体のトリックや人の認知パターンの錯覚の悪用を使っているような感覚がある。しかもそれを巧みに使い心理操作も目論む愚行である。人の意識をずらし、加害ペースに巻き込む方法。似てて非である。
○セラピーの翻訳集
http://saito-therapy.org/new_finding/index.htm

私としては少しタブーな領域から加害ゴミを検証したいと思う。この人権テロが企む、疑似「統合失調症」とは何か。幻聴や幻覚そして妄想などまた症状進行のスケールもあるようだ。その中で共感覚といって、ひとつの刺激を受けた時に本来の知覚以外に他の知覚が不随意に引き起こされ音やことばに色を感じたり、色に匂いを感じたりする現象があるようである。そして「統合失調者は一様に何か特殊能力を持っていると思い自覚症状がない」と。私たち被害者は「何かおかしい」「何故か体が変だ」と自覚症状を持たれている方達ばかりだ。そしてテロ被害者一同は周知の通り、巧みに実像(ストーキング)と虚像(音声送信)をからめ被害者を精神疾患になったと錯覚させて奈落の底に落としていく。また夜中聞こえるはずのない音を増幅し大音量を聞かせ恐怖させたり(とある美容室の2階に爆音が突如響きその後私の場合必ずスキンヘッドのおやじが登場しました)通勤途中に脳内に聞こえる声の主はリアルに存在するんだと言わんばかりに行く先々で待ち構えアピールしてきたりするわけである。(通行の少ない路地に行くとハイビームで突進してくる車に2、3度遭遇。通勤途中同じナンバーの車を一日に何度も私の車の前を通る)また身体被害からいくと夏という時期に耳が霜焼けのなりタダレたり、帯磁されたように体がしびれたり熱っぽくされている。そして24時間ずっと耳鳴りは止まらないし少し難聴気味になっている。知らない男が私の前に来ると急に手を振りだしたり「空から何か聞こえてくる感じ」だと頭に思うと、道に立ち尽くす一人の男が私の車が前に通りかかると急ににやけながら空を仰ぐという奇妙な出来事もあった。
この被害にきづかされたきっかけは「30まで生きれるようにボスが我慢してくれていたんだ。ありがたいと思え。」というチンピラ風情の声が家の近くから聞こえてきてその第一声から始まったと記憶している。それからやたらと人が集まっているところに赴くと「あいつ、暴力団から狙われているんだぜ」と全然面識のない人たちから言われる始末。私には思い当たるところがなかったので、無視していると、今度はそこのボス格なのかえらく高圧的な男の声が聞こえ、そいつは自らをA島と名乗り私の脳内をジャックしていた矢先、時たま職場の歓迎会でタクシーを拾い4人の同僚と乗り店に向かうと運転手が車中でいきなり誰に言うでもなく「A島って人、そちらの職場に勤めているよね。オレ知り合いなんだ。」そうである。まさに私が良く耳にしていた加害ボスの名を使い同僚に尋ねてきたのである。同僚も一生懸命考えた後「いないよなぁ。そんな人」と答えた。当たり前である。加害の存在をアピールしたいだけであるのだから。それともう一つ驚いたことは私が加害の音声送信を聞くと、宇宙人が腕を広げるイメージを何度か想起した事実があってナントその運転手はその私が頭に思い描いたポーズを運転席からにやけながら何度もしているではないか!この行為と脳に聞こえてくる声との一致を見て完全に加害テロは実在すると確信した。しかし当初ネット環境なく孤軍奮闘せざるをなく、同僚に危害が及ぶのを恐れただ恐れて黙るしかなかった。ここまで卑劣なテロとは考えが及ばず・・被害を理解できない方でも この体験から何かしら得て頂きたい。すでに被害者は日本全国に広がっているのである。病気だなんてとんでもないことだ!テロリズムと同じ生命に成り下がりたくなかったら、この勇気に理解して頂きたい。

○Note of Life(QRS技術と波動測定)

http://lavidajoejoe.blogspot.com/
QRS(量子共鳴分析器)なるものが、実は医学知識や資格の無い者に販売されている現状があるようです。なんでも生体機能がわかるテストが出来るそうです。

○アクアアタック
http://www.aquatack.com/
見えない波動を測定してクライアントさんに新しい発見をもたらしますと書かれているが被害者としての視点だと何かきな臭いものが感じ、もしや加害の巣窟かと勘ぐってしまうのは私だけではないはず。波動水騒動も確かに酷いが、どこか加害タッチな表現が眉つばものである。
常にやはり政治であれアンテナは張っておきたい。無知は時に厳しい裁きを許すことになるから。悪が放置されているこの現実がある限り叫び続けていきたい!

○NNN リアルタイム 2月19日 16時53分報道より
http://www.ntv.co.jp/real/
http://www.neverbend.co.jp/media.html
公式サイトより「遅発性統合失調症」に関してはまだ医学的なデータが取られていませんが早期発見、早期治療のによる投薬治療で症状を抑えることが可能な場合もあります。
家族による一刻も早い発見こそが最前の策だと言われています。
少しでも異常が見られたら、最寄りの保健所か精神科病院にすぐに相談してください。>>

この間の日本テレビZERO報道に続く今度はゴールデンに近い時間帯での放送。根拠データが得られないままオンエアするのは如何なものか。是非NPOテクノロジー犯罪の会を訪問して再考してみてください。番組視点が「本人は何故苦しんでいるのか?」よりも「それを見る縁者はどう思うか?」になっている所が疑問である。根拠(エビデンス)の無い報道は「信なき言論煙の如し」でおよそ風説の流布や流言飛語の類の報道に疑問が残る。その報道によって著しく人権を侵害される人々もいることも想像して頂きたい。明らかな独善行為であるからだ。企業にとって、CSR(企業の社会的責任)コンプライアンス(法令遵守)は国際社会にあって欠くことの出来ない骨組だと考える。被害者の言動を封じるような正義のどこに公正な電波法の遵守があるのか、言論の自由を傘にした報道のどこに透徹した正義があるのかぜひ被害者に向かって反駁をして頂きたい。
※ぜひ 前の記事、「核磁気共鳴と遠隔脳内操作の未来?!?」もご参照ください。

右下バナーをクリックされテクノロジー犯罪被害者の救済とテロ撲滅に心からの応援ご協力を何卒お願い致します!!                              
                     banner_21.gif 

核磁気共鳴と遠隔脳内操作の未来?!?

2009 - 02/21 [Sat] - 05:30

 しかし昨今の中川前財務・金融相の辞任は人類転覆を狙う電磁テロの政争の具に使われたのか。公共の顔を熟知しているであろう大臣の姿には背景があるのか疑問でもある。そして未だに被害が甚大なオレオレ詐欺。人を騙すことについては人権テロ一味と同格だが、広報をしても未だに被害が広がっているのは何故か。その搾取した資金源はどこに消えるのか。ターゲットを女性やお年寄りを狙う犯行には怒りが込み上げる。人の善意を蝕む人権テロリスト達の根絶を一刻も早く望む。
議案提案権を握る与党。自民党そして公明党に一連のテクノロジー犯罪の禁止罰則規定の訴えを近日中にも訴えていきたい。ふざけた加害ゴミに怒り心頭だ。

○核磁気共鳴

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%85%B1%E9%B3%B4%E7%94%BB%E5%83%8F%E6%B3%95
少し話題を変えまして今回は健康診断で馴染み深いMRIという技術について。共鳴共振というとよく音楽のチューニングで使う音叉とか歌でいえばハモるという現象に近いと思います。万物は波長・振動が存在します。それを電磁波の共鳴を使いMRIは核磁気共鳴現象で画像イメージにしたものです。核磁気緩和といってパルス照射を止めて元の細胞状態に戻る過程で各組織の戻り方の違いを画像化した技術になるそうです。よく私も帯磁電流が流れている様なシビレとも付かないような体質になっていますが、ここらへんも技術と深いリンクがあるように考えてます。

○脳内活動を視覚化に成功
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0812/12/news010.html
前年12月に、人が目で見た情報を読み取り、コンピューター画像に初成功した記事が話題になりました。しかもカラー化も可能という事実。そして益々この実験によって視覚野という器官の重要な位置付けが出来上がったともいえると思います。そして次に脳内マッピングという分野ですが

○脳内マッピング
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=3779298&expand

昔、全宇宙マップなる構想がありましたが、これは脳の回路マップの全容を掴む目的で研究されているようです。そしてこれはfMRIという技術の賜物です。機能的MRIともいうそうです。

○fMRI画像で心を読む
http://news.goo.ne.jp/article/nationalgeographic/life/40036596-ng.html?C=S

いきなり未来には心読できるかもとの見出しですが、被害者でもある私には現実感が伴います。
fMRIは、神経細胞の活動→脳血流量・脳酸素代謝率の変化→MR信号の変化の流れの中で、脳活動の変化と人体の現象とを相関して活動の原因を探るかたちです。この研究で、眠気には前頭前野が深く関わっていると分かったそうです。なぜか私も頭の前のあたりで照射感があると眠気が誘発する時があります。そしてこのfMRIの限界として分解能という専門用語が出てきますが意味として
精密さとは違い装置などで対象を測定または識別できる最小単位の値(目盛の刻みの細かさ)密接する二個間物体の識別能力の事になります。人が思念するスピードは数ミリ秒(1000分の1秒)といわれています。そして神経細胞も1ミリ以下です。航空技術のナノテクなど栄えた時もありますがミクロンを捉える測定にはまだ遠いという情報です。信憑性に疑問が残りますが・・・

関連してBMI技術

○脳で信号でロボットを動かす
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=92217758&expand

○未来の医療マシン
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=1162349&source=goo
脳内か心で思念した動作をロボットが対応し動くという実験。この心と機械とのフィードバックが完成した日には、どんな未来になるのだろうか。また次の記事にも驚嘆させられる。塵の粒子ほどの物体を操作することに成功したと。ついつい私は加害のインプラントの未来を想起してしまった。医療機器も携帯電波が気になるほど電磁波による急速な進歩が窺える。どちらにしても使うのは人間であるからその人間の良心に訴えるしかないのか。

日本で脳分野について研究している機関がある。文部科学省所管の独立行政法人である。
○理化学研究所

http://www.riken.jp/index_j.html
○脳科学研究センター
http://www.brain.riken.jp/index_j.html
理事長にはあのノーベル科学賞を受賞された野依氏である。その理化学研究所から脳科学の中心拠点として埼玉県和光市に研究センターが設立している。私たち被害者の切なる声は届くのか。最先端技術を悪党が盗難したまま悪用される現実は認知しているのか。日々懸命に生きる被害者の生活を戻すためにも、良識ある科学者の下に戻してほしい。

右下バナーをクリックされテクノロジー犯罪被害者の救済とテロ撲滅に心からの応援ご協力を何卒お願い致します!!                              
                     banner_21.gif 

 | HOME |  »

犯罪広報エリア

星が見える名言集100

最新記事

最新コメント

検索フォーム

World-Word-翻訳

ご訪問有難うございます!

つながるスクラムの輪!


ジオターゲティング

撲滅スローガン

RSS link

メールフォーム

プロフィール

Author:モンテ
人類の新たな揺籃は何を始めようとしているのか。一人の生命の重さとは。築き上げた文化とは。テクノロジー被害者はその先駆けとして日々格闘している。生命の尊厳を踏みにじる暴挙を傍観などしていられない!私達はハードパワーの玩具でも奴隷でもない。世界に一つとないかけがえのない偉大な生命なのだから。

被害実態リンク集

カテゴリ

月別アーカイブ

●ブログ投票●

知恵のオアシス

ブックマーク

QRコード

QRコード

▼Twitter▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。